折込チラシ

チラシ印刷の袋断裁と化粧断裁の違い[続編]入稿データのサイズ(寸法)

化粧断裁と袋断裁の入稿データのサイズ

 

前回の記事「チラシ印刷における袋断裁と化粧断裁の違いとは」の続編で、今回はチラシ等の印刷サイズごとの入稿データのサイズ(寸法)をお伝えします。

尚、化粧断裁は規格サイズですが、袋断裁(紙の周囲に白フチあり)の仕上げ寸法(輪転サイズ)や最大絵柄寸法(印刷可能範囲)は印刷会社によって異なりますので、あくまでも参考程度とお考えください。(ここに掲載する輪転サイズは広告宣伝ドットコムにご入稿いただく際の寸法です)

 

オフセット輪転チラシ(折込チラシ)の仕上げ寸法と最大絵柄寸法

袋断裁(紙の周囲に白フチあり)が存在するのは、おおよそB3、B4、B5サイズの大部数印刷(1万部以上)くらいです。A版の印刷(A4やA3など)は化粧断裁(正寸仕上げ、フチなし印刷)が基本ですので、ここではB3、B4、B5サイズの袋断裁の場合の仕上げ寸法と最大絵柄寸法を記載しておきます。

【輪転サイズ】 B3(横型) B4(縦型) B5(縦型)
最大絵柄寸法(印刷可能範囲) 524×364mm 257×364mm 181×256mm
仕上げ寸法(白フチ含む) 545×382mm 273×383mm  191×272mm

 

化粧断裁(正寸仕上げ、フチなし印刷)の仕上げ寸法

化粧断裁の場合は前述のとおり規格サイズになります。ただし、フチなし印刷(紙の端まで印刷)にしたい場合は、断裁位置(正寸、規格サイズ)の外に3mmの塗り足しが必要になります。(※塗り足しについてはあらためて記事を書きますので、今回は割愛します。)

化粧断裁の仕上げサイズ

(※こちらは以前に表組を作成していたので、そのまま貼りました。手抜きでスイマセン・・・。)

印刷データ入稿の際の参考にどうぞ。

 

 

チラシ印刷における袋断裁と化粧断裁の違いとは

袋断裁と化粧断裁の違い

 

折込チラシなどの大部数B3、B4チラシの断裁方法は袋断裁

オフセット印刷の場合、A4サイズやA3サイズのチラシでは化粧断裁(いわゆるフチ無し印刷)が標準となります。しかし、折込チラシのような大部数のB3チラシやB4チラシを印刷(オフセット輪転印刷という印刷方法)する際には、標準的な断裁方法は袋断裁となります。

袋断裁とはどのような断裁方法なのか。また、これらの断裁方法の違いについても確認しておきましょう。

 

化粧断裁と袋断裁の違い

前述のとおり、オフセット印刷ではA4サイズやA3サイズのチラシの標準的な断裁方法は、化粧断裁(上の写真左)です。絵柄が紙の端まで印刷されているのがわかります。A4やA3のチラシだけでなく、ポスターやパンフレットなど多くの印刷物が化粧断裁という方法でフチ無し仕上げになります。

それに対し、折込チラシのような大部数(概ね1〜2万部以上)のB3チラシやB4チラシの印刷は、印刷方法が異なる(オフセット輪転印刷と呼ばれ、ロール紙に印刷する)ため、断裁方法も異なってきます。

オフセット輪転印刷では袋断裁と呼ばれる断裁方法が標準となり、大きな特徴としては周囲に1〜1.5cm幅くらいの白いフチが出来ます(上の写真右)。

 

新聞折込の用紙サイズ

チラシの新聞折込をお考えの場合、チラシのサイズによって折込料金が変わってきますので、紙の周囲に白いフチがあるかどうかでサイズがどのようになるのか気になりますよね?

でも安心してください。(穿いてますよ。古っ!)

白フチがあるとB4サイズやB3サイズよりも仕上がりサイズは大きくなりますが、いずれも新聞折込の用紙サイズはB4サイズやB3サイズとしてみなされますので、折込料金もB4やB3と同じです。

 

大部数のB3チラシやB4チラシをフチ無し印刷にできる?

印刷方法の性質だからといって、B3チラシやB4チラシには必ず白いフチが付いてくるとなると、デザイン的にも「う〜ん・・・」となるときがありますよね。

これまた安心してください。(穿いてますよ。しつこいっ!)

標準では袋断裁になりますが、オプションで化粧断裁にすることができます。(別途、断裁料がかかります)

ただし印刷会社さんによっては、確認もせず、当たり前のように白フチが付いた状態で納品されることもあるので、化粧断裁(フチ無し印刷)にしたい場合は事前に印刷会社さん伝えておきましょう。

 

 

新聞折込に最適なB4チラシ印刷(大部数)が激安価格を更新

新聞折込やポスティングに最適なB4チラシ印刷(大部数)がさらに激安に

徹底的な価格調査のもと、B4チラシ印刷の両面フルカラーがさらにお安くなりました。他社の追随を許さない圧倒的価格!

送料を含めた総額で他社と比較してみてください。広告宣伝ドットコムの印刷価格は送料無料です。(北海道・東北・一部の離島除く)

 

広告宣伝ドットコムのB3・B4チラシ印刷価格表

大部数チラシの配送方法って知ってる?

折込チラシはパレット配送が標準

大部数チラシの配送方法を知ってますか?


一般的に、通販でお買い物をすると商品は段ボール等に梱包されて宅配便で届きますよね?

チラシなどの印刷物も同様です。

ただし、新聞折込やポスティング等のために数万部や数十万部などの大部数を印刷する場合は話が変わってきます。

 

会社を埋め尽くす段ボール


印刷の注文が不慣れな方のあるある、それは


「とんでもない量の荷物が届いた」

「チラシが入った段ボールが重すぎる」

「届いた大量の段ボールを置くスペースがない」


といったことです。


A4サイズやB4サイズのチラシの場合、段ボール1箱に梱包する枚数は2000〜3000枚程度。

仮に1箱2000枚を梱包したとして、2万枚のチラシを注文すると、

10箱もの段ボールが届くことになります。

しかも紙は思いのほか重く、B4サイズで用紙がB判87kg(四六判換算で90kg)だとすると、

1箱2000枚の重量は20kg以上になります。

それが10箱だと200kgを上回る重量になります。

弱い床だと抜けてしまいそうな重さですね。

 

大部数チラシの送料は高額になる


2万枚でこれですから、10万枚だと50箱、100万枚なら500箱になってしまいます。

それを通常の宅配便で配送すると送料もとんでもないことになってしまいます。

そのため、数万部や数十万部の大部数チラシ等では

一般的に「パレット配送」という方法で運搬されます。

パレット配送とは上に掲載した写真のように、チラシを段ボールに梱包せずに結束して、

フォークリフトで荷物の積み下ろしをするのを前提に運搬する方法です。

この方法により配送費を大幅に削減できます。

 

配送方法は事前に確認しておきましょう


折込会社へ直接配送する場合はフォークリフトで荷降ろしするため、

パレット配送が基本ですが、ポスティング会社ではフォークリフトを持っていない会社も多く、

パレット配送を受け付けてくれないことが多いため、注意が必要です。

また、会社や店舗に配送する場合には、

基本的に段ボールでないと荷降ろしが不可能かと思います。

とは言え、パレット配送と段ボール配送とでは

送料が大きく変わってきますので(段ボール配送のほうが高い)、その点も注意しましょう。

印刷会社にチラシ等を注文する際には、

見積りを取る段階で配送方法を事前に確認しておいたほうが良さそうです。

 

ちなみに広告宣伝ドットコムは

パレット配送でも段ボール配送でも送料無料という異例中の異例の会社です。



すべてはお客様の満足のために。

反響を得るには新聞折込がいい?ポスティングがいい?


新聞折込がいいか?ポスティングがいいか?


こんな質問をされるお客様が多数いらっしゃいます。

広告主としては、チラシを制作することは決まったものの、

それをどのように配布したほうが効率よく反響を得られるのかを

プロに相談したいということのようです。


しかし残念ながら、「その質問自体がナンセンス」と言わざるを得ません。

どちらの方法が反響があるかは、ターゲットによって異なるからです。

 

マーケティングの本質とは?


世の中にはマーケティング本や販促の情報、

経済学やコンサルタント等も含めて様々な情報が交錯しており、

どれももっともらしい説を唱えています。


ではマーケティングの本質とは何なのでしょうか?

おそらくこれに尽きるのではないでしょうか?




「その商品(サービス)を必要としている人に提供する」




そう考えたときに自ずと答えは見えてきます。

 

貴社の商品(サービス)を必要としている人はどこにいるのか


折込チラシとポスティングチラシ、

同じ枚数を配布してもそれぞれ届く層が異なります。

貴社の商品(サービス)を必要としている人の目に触れる配布方法が

どちらなのかを見極め、どういった広告が最適なのか、

最適なアプローチ方法は何なのか、

そういった視点で広告戦略を考えましょう。

ネット印刷で要注意!折込チラシやポスティングチラシの送料について

折込会社やポスティング会社までの送料

広告宣伝ドットコムの運営会社、株式会社エクスプライドの代表取締役、大阪の広告戦略アドバイザー、
山田ヨシヒロです。

本日はネット印刷の価格表のトリックについてお話します。

 

価格表の掲載金額には含まれない費用がある!?


近年、急速に普及しているネット印刷。このネット印刷の登場により印刷業界は激変しました。

今回のテーマとは少しズレますので詳細は割愛しますが、

激変の大きな一つは価格競争が激化し、

価格破壊が行くところまで行ってしまった感があります。

そんな価格競争の中、受注を増やすために価格表を掲載する印刷会社も少なくありません。

しかしここで注意すべき点が。

それは価格表に含まれる内容です。

 

価格表の外にある注釈や特商法表記に要注意!


特に折込チラシやポスティングチラシ等の大部数印刷を扱う印刷会社、

いわゆる輪転屋さんの価格表には、送料が含まれないことがほとんどです。

理由は簡単です。

折込チラシ等の大部数印刷になると、配送重量が数百kgを超え、

送料が非常に高額になります。

配送先への距離によっても配送料は大きく変わってくるため、

価格表に掲載しにくいという理由もありますし、

送料を含めない価格を掲載することで「安く見せたい」という事情があります。

 

印刷とセットで新聞折込やポスティングを依頼しても送料はかかる


中には印刷と合わせて新聞折込やポスティングを手配してくれる印刷会社もあります。

しかし、1社にまとめて依頼しているとはいえ、

実際には新聞折込は折込会社を経由して新聞の販売店が、

ポスティングはポスティング会社(またはさらに下請け)が行いますので、

印刷会社からそれらの業者への送料はかかってきます。

その送料は前述のとおり、印刷価格には含まれていないため、

価格表に掲載されている印刷価格とは別に請求されるわけです。


ネット印刷を利用する際には、価格表の金額だけでなく、

「送料が含まれているか」

また、送料が含まれていない場合は

「実際に送料はいくらかかるのか」を確認しましょう。


ちなみに広告宣伝ドットコムの折込チラシ印刷価格表には

送料が含まれていますのでご安心ください。(※北海道・東北・一部の離島を除く)

チラシの折込料金で損をしていませんか?

折込チラシ

広告宣伝ドットコムの運営会社、株式会社エクスプライドの代表取締役、大阪の広告戦略アドバイザー、
山田ヨシヒロです。

チラシの折込料金、ちゃんと確認していますか?もしかしたら定価よりも高い料金を支払っているかもしれませんよ。

 

折込料金は基本的にどこに頼んでも定価

チラシの新聞折込料金は地域によって様々ですが、同じ地域であれば基本的にどこの会社に依頼しても定価で請求されます。また、支払いは前金であることが通常です。しかし、実はとんでもない落とし穴があります。

 

チラシ印刷と折込料金を合算で見積もる業者は要注意!

印刷会社にチラシの印刷と折込をセットで発注できたら便利ですよね?でもそこで注意しなくてはならない点があります。それはチラシの印刷料金と折込料金を合算してある見積もりです。
折込チラシを多数手掛ける印刷会社でも、折込料金の利ざやで稼げるほど折込の卸値は安くありません。中でも小規模な印刷会社や中小広告代理店、デザイン会社などは、場合によっては折込会社に定価で請求されるところも少なくありません。そこで、少しでも利益を確保するために、折込料金を定価よりも上乗せしてお客様に請求しているのです。

 

自動で折込部数と見積もりが算出されるシステムはさらに注意!

最近はネット印刷会社などで、ホームページ内の地図からおおよその折込エリアを指定すれば、必要な折込部数と印刷・折込料金がその場で算出されるという便利なシステムをチラホラ見かけるようになりました。その場で折込エリアを決定できて、すぐに料金もわかる。とても便利なシステムです。

しかしこれが曲者!

テレビCMなどで有名なネット印刷会社や、折込チラシ専門のネット印刷会社にもこのシステムが導入されていましたが、見積もりには印刷料金と折込料金の合算額が表示されていました。でもその会社の印刷価格表と照らして計算してみると、折込料金が定価よりも高く設定されていたのです。どちらの印刷会社も料金の安さを売りにしているので、折込もセットで安くできると感じてしまうのが消費者心理というもの。

折込を検討する際には、その地域の折込料金(定価)を知っておく必要がありそうですね。ちなみに広告宣伝ドットコムでは折込料金を全国多数の地域でお安く提供しています。ぜひご相談ください。

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の新聞折込料金

東京・大阪の新聞折込チラシ印刷

広告宣伝ドットコムの運営会社、株式会社エクスプライドの代表取締役、大阪の広告戦略アドバイザー、山田ヨシヒロです。

前回も書きましたが、折込チラシを配布する際には印刷料金のほかに折込料金もかかりますので、事前に確認しておく必要があります。今回は関東エリア(東京近郊)の新聞折込料金を紹介します。

 

チラシの折込料金は条件によって変わる

おさらいになりますが、新聞折込は地域だけでなく、チラシのサイズ、紙の厚さ等によっても料金が異なりますので注意しましょう。また配送管理費のほか、販売店ごとに追加料金がかかる地域もあります。

 

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の新聞折込料金

都道府県 エリア B4/A4 B3/A3 備考
東京都 都内23区 3.30 4.50  
都下(多摩地区) 3.40 4.60  

神奈川県

 

横浜市(金沢区・戸塚区・泉区・瀬谷区・旭区・栄区を除く)・川崎市 3.80 5.00 その他のエリアはお問合せください

   

横浜市(金沢区) 4.20 5.70
横浜市(戸塚区・泉区・瀬谷区・旭区・栄区) 4.30 5.90
横須賀市・逗子市・三浦市郡 4.30 5.90
大和市・座間市・厚木市・綾瀬市・海老名市 4.00 5.50
相模原市・愛甲郡・津久井郡 3.80 5.10
埼玉県 埼玉県全域 3.50 4.70  
千葉県 千葉県全域 4.00 5.20  

※上記の料金は掲載時点のものです。新聞折込をご依頼の際には最新の料金をご確認ください。

 

折込料金を安くする方法

新聞折込を手配される場合、折込会社や新聞販売店に直接契約されても料金は定価です。よほど頻繁に大部数を折込まれる場合は交渉できる可能性もありますが、どこに手配しても基本的には定価です。

広告宣伝ドットコムでは、東京や大阪をはじめ、地域によっては初めてのご注文でも少部数の新聞折込でも折込料金を割引できるため大変おトクです。各新聞社、販売店ごとの配布部数表とエリアマップもご用意しますので、戦略的に折込むことができます。

 

折込チラシは印刷料金と折込料金の両方がかかるため、相応のコストがかかります。広告宣伝ドットコムでは、コスト削減のご提案も積極的に行っていますので、安心してご相談ください。

大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県の新聞折込料金

大阪の新聞折込料金

広告宣伝ドットコムの運営会社、株式会社エクスプライドの代表取締役、大阪の広告戦略アドバイザー&AFP、山田ヨシヒロです。

折込チラシを配布する際には印刷料金のほかに折込料金もかかりますので、事前に確認しておきましょう。

 

チラシの折込料金は条件によって変わる

新聞折込は地域だけでなく、チラシのサイズ、紙の厚さ等によっても料金が異なるため注意が必要です。また地域によっては配送管理費のほか、販売店ごとに追加料金がかかる場合があります。

 

大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県の新聞折込料金

都道府県 エリア B4/A4 B3/A3 備考
大阪府 大阪府全域 3.05 4.55 1枚あたり0.05円の配送管理費が含まれています
兵庫県 神戸市・西宮市・芦屋市・明石市・尼崎市・伊丹市・宝塚市・川西市 2.80 4.20 その他のエリアはお問合せください
京都府 京都市・宇治市・城陽市・八幡市・京田辺市・向日市・長岡京市 3.05 4.55 1枚あたり0.05円の配送管理費が含まれています
その他のエリアはお問合せください
奈良県 奈良県全域 3.05 4.55 1枚あたり0.05円の配送管理費が含まれています
和歌山県 和歌山県全域 2.7 4.1 和歌山市外は販売店ごとに別途500円

※上記の料金は掲載時点のものです。
※大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県以外の新聞折込料金は別記事で掲載予定です。

 

折込料金を安くする方法

お店や会社がチラシの新聞折込を依頼する場合、折込会社や新聞販売店に直接契約されても料金は定価です。よほど頻繁に何十万部も折込チラシを配布される場合は交渉できる場合もありますが、基本的にはどこに依頼しても定価で提供されます。

広告宣伝ドットコムでは、大阪や東京をはじめ、地域によっては初めてのご注文でも少部数の新聞折込でも折込料金を割引できるため大変おトクです。

 

冒頭にも書きましたが、折込チラシは印刷料金と折込料金の両方がかかるため、大部数になるほど金額も大きくなります。広告宣伝ドットコムでは、コスト削減のご提案も積極的に行っていますので、安心してご相談ください。

折込チラシ印刷のデータ作成における注意点

広告宣伝ドットコムの運営会社、株式会社エクスプライドの代表取締役、大阪の広告戦略アドバイザー&AFP、山田ヨシヒロです。

折込チラシ印刷(B4やB3のオフセット輪転印刷)のデータ作成方法は、A判の平版オフセット印刷(枚葉)とは異なります。その違いをおさらいしておきましょう

 

袋断裁と化粧断裁

チラシ印刷における断裁方法は大きく2種類あります。1つはA判(A4やA3など)のオフセット印刷などで、正寸に仕上げる化粧断裁です。断裁面が美しく、いわゆるフチなし印刷にも対応した断裁方法です。

もう1つはB判(B4やB3など)の折込チラシ印刷(オフセット輪転)で、周囲に白フチがある仕上がりになる袋断裁です。こちらはスーパーやホームセンターのチラシによく見られる断裁方法です。

 

袋断裁に塗り足しは不要

A判などのオフセット印刷の場合、裁ち落としのデザイン(絵柄が紙の端まで到達するデザイン)なら、断裁誤差(最大2mm程度)を考慮して、天地左右とも3mmずつ塗り足しを作成します。

しかし、B4やB3の折込チラシ印刷の場合、袋断裁(周囲に白フチ有り)が標準ですので、その場合は断裁誤差を考慮しなくて良いので、塗り足しを作成する必要はありません。

 

折込チラシの出稿データの寸法は?

化粧断裁の場合、データを正寸またはその四方に3mmずつ塗り足しを作成すれば良いのですが、袋断裁の折込チラシの場合、周囲の白フチの幅を考慮しなくてはなりません。例えばB4サイズの折込チラシの場合、データをB4正寸で作成しても印刷は可能ですが、周囲の白フチの幅を均等に揃えようとするなら、それを考慮した寸法のデータを作成しなくてはなりません。

印刷会社によってその寸法はマチマチですが、広告宣伝ドットコムの場合、以下のサイズ(絵柄の寸法)を推奨しています。

 B3輪転のデータ寸法 362×527mm
 B4輪転のデータ寸法 252×364mm
 B5輪転のデータ寸法 176×252mm

  ※この周囲に約1cm幅の白フチが付きます。

 

以上がA判のチラシとB判(B4やB3など)の折込チラシ印刷のデータ作成における主な相違点です。